2011年09月30日

パソコンPOSを安価にできないものか?

パソコンは、昔に比べるとびっくりするほど安くなった。


その一方で、小売店、飲食店を営むお客さんが使用しているのは、昔ながらのレジが多いようだ。


安価なシンプルなレジで、把握できる数字は、当然シンプルなものになってしまう。



まあ、一日の売上が把握できれば、こちらは仕事としては別に困ることはないのだが。


安価になったパソコンを何か、有効活用できないかと思ってしまう…。





ネットで検索してみると、「フリーソフトでPOSレジスターを制作」というサイトを発見した。


パソコンをPOSレジスターにするのに、別途、最低限必要となるのは、下記の3点らしい。


POSソフト
レシートプリンタ
キャッシュドロア


POSソフトはフリーのものがいくつかある。フリーなのでいつでも試せるため、先にレシートプリンタをネットで物色。



安いインクジェットプリンタなら5,000円くらいで購入できるのに比べると、レシートプリンタは、異様に高い。その上、よくわかならいが、POSソフトでプリンターを選ぶような。


…EPSONかスター精密のメジャーな製品にしておかないと、不味いのかな?




スター精密のレシートプリンタのほうが、EPSONより若干安めのようなので、スター精密で探してみた。


スター精密のTSP100ECO だと5万弱で販売されていた。うちの事務所のA3カラーレーザープリンタよりも高い…。




たまたま、米国Amazonを眺めていると、米国では同じ型番の製品が200ドル超で販売されているのに気がついた。


円高の今、別途送料が多少かかっても安いはず。問題は、日本に持ち込んでそのまま動くか否かと、日本語に対応しているか否かくらいか?


米国のスター精密のサイトでスペックを確認すると、大丈夫そうな感じ!


転送サービスを利用して、個人輸入してみた。



二週間くらいして、到着。

star001.JPG


開封。


star002.JPG


複数言語対応のようだ。

star006.JPG

本体裏面のラベル

star001.JPG


付属のCDでドライバをインストール。日本語のインストール画面が表示されるので、別段戸惑うところはなかった。

star01.jpg


続いて、ノートパソコンに接続

star007.JPG

star008.JPG


オンラインのPOSサイトに登録し、ブラウザからレシートを印刷してみた。

(レシートを印刷後、スキャン)

レシート01.jpg



今回はここで実験終了。



結局いくらかかったかというと、

Star TSP 143IIU ECO - Receipt printerが、

Item Subtotal : $206.17
Shipping & Handling : $11.93
Total : $218.10 (JPY 17,626)


転送サービスが、送料・保険・手数料を含めて6,266円で、合計23,892円でした。


(別に、小物をもう一つ同時購入しているので、本当は送料はもう少し安いかも)


円高というか、日本国内が高いというか…。




















posted by WAKAHARA at 15:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。