2010年12月06日

郵便料金受取人払封筒を自作してみた

最近は電子申告が多いので、以前ほど利用していないが、返信用封筒を同封して、税務署等に送付することがある。

いちいち切手を貼って、返信用封筒を作成していたのだが、あくまで返信なので、いくらの切手を貼っておけばいいのかが、微妙な点があった。

いちいち切手を貼って返信用封筒を作るのも面倒なので、郵便料金受取人払にできないか、ネットで検索していると、「料金受取人払郵便宛名作成サービス」というサイトを発見。

とりあえず、このサイトで宛名をPDF化し、白紙に印刷したものを日本郵便杉並支店に持っていって、申請してみた。


申請自体は簡単だったが、持参した見本が、PDFで印刷した際に、縮小印刷されてしまったらしく、実際に封筒に印刷して、再度持ってくるように言われてしまった。


そこでPDFデータで、封筒に印刷しようとすると、天地が逆になったり、ずれたり、何度やってもうまくいかない。


PDFデータを利用するのは、あっさりと断念して、料金受取人払のスタンプが同時印刷できる「Aprint」なるフリーソフトを試してみた。


このソフトは、プリンターでの印刷がとっても実用的で簡単だった。


それで印刷してみたのがこれ。

CIMG3909.JPG


それっぽくできている気がする。


それにしても、郵便料金受取人払の手続き自体は、まさにお役所仕事といった感じ。結局、日本郵便杉並支店まで自転車で三往復する破目になった。
posted by WAKAHARA at 16:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。